伊深まちづくり協議会は、住みよく、うるおいのあるまちづくりをめざし、住民主体の活動を組織化、支援しています。

伊深ごはん研究会

2019.2.5(火)、伊深ごはん研究会:2月の活動は ”新しいものと古いもの”に挑戦

 伊深ごはん研究会(井上美恵子代表)は、2.5(火)、別所公民館で2月の調理活動(第8回)を行いました。
 今回参加したのは同会の会員7人で、メインの「チョコレートブラウニー」「つきつき大根蕎麦」のほか、「白菜の巣ごもり卵」「大豆とキャベツの和え物」「大豆と小松菜の酢味噌和え」「さつま芋 柚子砂糖がけ」「手作りこんにゃく」「漬物」「ガセリ菌ヨーグルト」を作りました。
 
 「チョコレートブラウニー」はバレンタインデーが近いので、簡単に作れるようにと市販のホットケーキミックスを使い炊飯器で焼くという現代的な方法で行いました。また、「つきつき大根蕎麦」は伊深のある地域で昔、講があったときに食べられたそうで、つきつきにした大量の大根と油揚げを煮て蕎麦にのせる方法で、とても優しい味でした。

 参加者からは『「巣ごもり卵」や「つきつき大根蕎麦の具」の作り方はほかにも応用がきくので基本として覚えておきたいね』などの感想が聞かれました。
 また、参加者のひとりは後日娘さんとチョコレートブラウニー作りに挑戦したところ、楽しく簡単に焼けて感激したそうです。

2月ごはん研活動
▲チョコレートブラウニー
2月ごはん研活動
▲つきつき大根蕎麦
2月ごはん研活動
▲白菜の巣ごもり卵
2月ごはん研活動


11.20、伊深ごはん研究会:手づくりこんにゃくなどを実習 ~ 秋の食材で

 伊深ごはん研究会(井上美恵子代表)は、11.20(火)、別所公民館で秋の食材を使った調理活動を行いました。
 今回参加したのは同会の会員6人で、メインの「手作りこんにゃく」「おにまん」「秋刀魚ごはん」を、それぞれ得意なメンバーから教わりながら作ったほか、各自持ち寄りのおかずや漬物を試食しました。
 会員からは「こんにゃくが作りやすかった」「できたてのこんにゃくがとても美味しかった」「秋刀魚はていねいに骨を取ると、より美味しいね」「かぼちゃもさつま芋もいろんなアレンジ料理があるね」などの感想が聞かれ、会員のレベルアップにつながる実習となりました。

11月ごはん研活動
▲手作りこんにゃく

11月ごはん研活動
▲おにまん

11月ごはん研活動
▲秋刀魚ご飯

11月ごはん研活動
▲テーブルに並べられたメニューの数々 食欲がそそられます

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional